2014-07-20
元日本代表 ZONOによる直接指導!

7月19日、20日に前園真聖氏によるサッカークリニック ZONOサッカークリニック Presented by ディアライフがバンコクで開催された。

2日間で合計4回のクリニックが行われ、バンコク在住の子供達を中心に各セッションに約40名が参加した。
 
今回のサッカークリニックには前園氏の他、丸山良明氏(現ランシットFC監督)や猿田浩得氏(現シンタールア FC)など、現在タイで活躍する日本人選手や指導者がコーチとして参加した。

バンコク在住の日本人の子供達が集まった。


20日午後1時からの最後のセッションにも約40人が参加。
ボールを使ったウォーミングアップからグリッドを区切ってのボール回し。
その後は2コートに分かれてのミニゲームが実施された。

トレーニング中、「パスしたら次のポジションに動く」と前園氏からアドバイスの声が響く。

トレーニング参加した子供達も元日本代表選手からの直接指導ということで真剣そのもの。
気温30度を超す中でも子供達もは元気に動きまわっていた。




前園氏も子供達に直接指導






前園 真聖氏に直接インタビュー!



-どうも2日間お疲れ様でした。今回でバンコクでは2回目の開催になりますが、終えてみて如何でしたか?

前回もやっているので、一回目に参加した子供もいて慣れた感じでトレーニングが出来きましたし、子供達とのコミュニケーションもよくとれて楽しく出来ました。年内はもう一回を予定しています。


-現在多くの日本人選手・指導者がタイを含めた東南アジア各国で活躍してますが、前園さんは今後アジアとはどう関わっていくつもりですか?
 
今後もサッカーの経験を活かしていきたいし、またその経験を多くの人に伝えていきたいので、指導者としてだったり、メディアを通じて自分の経験を発信していきたいのですね。指導者はあくまでのそのうちのひとつです。今後もサッカーをルーツにいろんな事でアジアを含め海外と関わっていければと思ってます。
 
-現役時代、日本代表としてへのタイ代表と何度か試合されてますが、どの時のタイのサッカーの印象は?
 
タイ人は日本人似ていて、スピードがあって足元のテクニックがあってアジリティに優れている、日本人に近いサッカーだなといった印象を持ちました。
 
-しかしこの十数年で日本とタイの実力が広がった気がしますが。今後タイが強くなるにはどういった事が必要と思われますか?
 
日本も急激に強くなった訳ではなく、Jリーグが出来ていろんな国のトップレベルの外国人が来て日本人もレベルアップしていった。今、タイには日本人が60位人以上いて日本指導者もいて、それがタイ人のレベルアップに繋がっていけばとは思ってます。
また下部組織からの育成も整えていかないとA代表を強くするのは難しいかなと。時間は当然掛かるとは思いますけど、長い目て強化していく必要があると思います。
 
 
元日本代表の前園氏から直接指導を受けた子供達にはいい刺激になったであろう。これを機にますますサッカーを好きになって欲しいものである。また今後の前園氏の活動にも大いに注目したい。
 
 
<了>
Text & Photo: ASEAN FOOTBALL Link


Tags:


関連記事



Warning: array_rand(): Second argument has to be between 1 and the number of elements in the array in /home/users/2/lolipop.jp-276536db4224a977/web/Detail.php on line 119