2014-08-14

<プロフィール>
浜崎 勇次 / Hamasaki Yuji
TORCER Co.,Ltd. 代表取締役

20代の頃旅行で初めてタイに魅了されて、9年前にタイに移住。
現在はTORCER Co.,Ltd.代表取締役として、タイで活躍する日本人サッカー選手を応援をする情報サイトSamurai×TPL を運営。

 

 

タイで活躍する日本人サッカー選手を応援をする情報サイトSamurai  x TPL。現在(14年シーズン)60人以上になった日本人選手の所属チーム情報、試合結果や試合レポートを配信する、サッカーファンのみならず選手にとっても貴重な情報源となるウェブサイト。このサイトを運営する浜崎氏に話を聞いた。
 


-まずはタイに来た経緯を教えて下さい。

20代の頃旅行で初めてタイに来ました。その時にタイの文化やタイ料理に魅了されてしまって、日本に帰ってから当時勤めていた旅行代理店を辞め、日本にあるタイ料理店に就職しました。それからは、料理の勉強も兼ねてちょくちょくタイに来る生活を約10年続けました。それでもどうしてもタイに住みたくて、移り住んできたのが9年程前です。その時は半年~1年位住むつもりでやって来またした。というのは、当時は日本でタイ料理店として独立しようと考えていて、タイに住んだ経験がある人がやるタイ料理のほうがお客さんにも説得力あるだろうと。
タイに来て最初はタイ語の語学学校に通ってたんですけど、ある時知り合いからタイのとある会社の仕事を紹介されてやることになりました。そしてその仕事をやり始めて気がついたら6年タイに住んでました(笑)6年程タイに住んだ2011年の頃、タイと日本の両方に関わる仕事がしたいと思うようになって、またその時ちょうどタイのサッカーが盛り上がってきた時期でもありました。
もともと自分はサッカーが好きで旅行も好き、また料理も好き。それらを組み合わせて何か出来きないかと考えた時、ウェブサイトを作るアイデアを思いつきました。実際インターネットでそれらの情報を調べてみても全く情報がなかったのと、あったとしてもいい加減な情報多かったので、それなら自分が作ろうと思いました。それがSamurai  x TPL誕生のきっかけですね。
作るにあたってまずは当時タイでプレーしてた選手に話をして、皆さんに納得してもらってからやりたかったので、選手に直接会って自分の思いを話しました。
ただ当時は選手との面識はなかったので、最初は選手から

すごく怪しまれましたけどね(笑)

その時は前の仕事は辞めた状態で、今思えば無謀ですよね。けどなぜか根拠のない自信がありました。


-サイトの立上げ準備はどうでした?ネットから拾える情報も限られてた時代かと思いますが。

情報収集は結構大変でした。もともと情報がなかったのでタイのプロチームの数を調べるのも一苦労。とりあえず自分の思いつくもの全てをフル活用しました。知り合いに聞いたり、スタジアム行ったり、とにかく自分の足を使って色々やりましたね。サイトの準備期間には約半年費やしました。
ウェブの制作もデザイン以外は自分でやりましたよ。やったことなかったので、本やネットで調べながらですけど。サイトを立ち上げても最初の半年位はアクセス数もそんなに多くはなかったんですけど、徐々に増えていきました。最近は日本人選手の数も増えて情報のアップデート量もかなりあるんですけど、基本的にサイト内の更新は全て自分でやってます。タイプレミアリーグ、Division-1、Division-2の試合結果は全てチェック。タイプレミアリーグとDivision-1の日本人選手の個人記録も全てチェックして毎節サイトにアップしています。試合もスタジアムに観に行くので、週末はちょっと大変ですね。あとタイのチームはロゴやチーム名、また本拠地が変わったりがしょっちゅうあるので(笑)それの更新も結構大変です。

 

現在、会社としてはサイト運営がメイン事業で、他にはサンリオ・キャラクターのタイにおけるスポーツに関する使用権利の販売。あとコーヒー豆の販売コンサルティングをしてます。今お手伝いしている店舗では世界各国の豆を輸入して自分達で焙煎して販売してます。

 


タイプレミアリーグからDivision-2まで幅広い情報を提供
 

-サイトの収益化はどうでしょうか?

今まで皆に知ってほしかったので情報は基本無料で公開してます。ただ最近は日本から「タイにはどんなチームがあって観客がどの位入るのか?」とか、その辺の情報を欲しがられるので、メリハリつけて有料化のサービスあってもいいかなとは思ってます。


-選手からの相談も多いのですか?

選手が気持ちよくプレーできれば結果が出せて、それで日本人選手の評価が上がって日本人選手が増えて、それによってサイトのアクセスも増えると考えています。ですのでビザの相談や移籍の相談が来ればアドバイスはしています。代理人のような相談もけっこうありますけど基本的にお断りして、方法やアプローチの仕方などはアドバイスするようにしてます。


-ここ数年でタイのサッカーの状況は変わりましたか?

日本人選手はここ数年で爆発的に増えました。またお客さんも増えたしリーグ自体のレベルも上がっていると感じます。最近では選手以外にも代理人やライターなど、サッカーに関わってくる人が増えてきました。サッカースクールも増えましたよね。これだけ日本人選手が増えて注目もされるので必然的かなと思ってます。けど自分は一歩引いて選手を応援するというスタンスはぶれないようにしています。


-今後の事業展開はどうお考えですか?

 

今のサイトのアセアン版を作りたいですね。お陰さまでこの4年間で選手との関係も増えたし、タイで出会った選手が東南アジア各国で活躍しています。最初はタイと日本を繋ぎたいとの思いから始まったサイトですけど、選手と知り合って直接話して彼らの気持ちなど聞くうちに純粋に応援したいなと思って。Samurai  x TPLを立ち上げた頃、タイでプレーしてた選手はエアコンもない宿で雑魚寝してテスト受けて回ったり、そんな体験をしてます。選手の苦労も知っているので、基本スタンスは選手の応援とサポート。それがこのサイトを続けるモチベーションですね。仕事として毎節試合結果はチェックしてますけど、「あの選手今日は出場したのか」「出てないのかぁ」「やったぁ今日は点取ってる」とか、あんまり仕事と思ってはやってないですね(笑)


-では今後の目標について聞かせてください。

サムライアセアンを作ってその後はサムライ世界版作って、日本人がプレーしている国を全部網羅できたらいいですね。それで日本と世界各国の交流が始まればいいなと思ってます。
他には旅行に関する情報サイトです。タイ77県の全てを網羅したサイトはないんですよ。なんでそれを思いついたかというと、単純に自分が旅しようとしてそんなサイトがなかったから。あと最近は訪日タイ人も急激に増加しているので、タイ人向けの旅情報サイトも検討しています。


-最後に日本の若い人たちへ海外で活躍する先輩としてアドバイスをお願します。

 

とりあえず外に出てみる。別に働こうと思わなくても、行くことでいろんな発見があります。自分は若い時に色んな国に行っていろんなものを見て回りました。その中で気に入った国があったらそこで働くという選択肢も増えます。行ってみると何かが起きるんですよ。サッカー選手も同じで、とりあえず行動してチーム見つけてる選手たくさんいます。先ずは動いてみること。待ってても何も起きませんからね。

<了>

Text & Photo: ASEAN FOOTBALL Link

 

<関連記事>

小倉 敦夫/Chonburi F.C. Sales & Sponsorship Manager: 日本化を進めるタイプレミアリーグのチョンブリーFC。クラブの日本化はピッチ内だけでなく、ピッチの外でもこの男によって進められている。

 

 
 
<参照>
 

Tags:


関連記事



Warning: array_rand(): Second argument has to be between 1 and the number of elements in the array in /home/users/2/lolipop.jp-276536db4224a977/web/Detail.php on line 119